必死君はこわい

ずいぶん昔、私がまだ携帯電話を持っていなかった頃の話です。お見合いパーティに参加しある男性とペアが成立しました。真面目そうな小柄な男性で、パーティ終了後に二人で軽く食事をしました。これといって面白い話題を話すでもなくただ一生懸命なだけで、微笑む余裕もないような人でした。
帰り際に連絡先を交換したのですが、ケータイを持っていない私は当然自宅の番号を教えるしかなく、彼に教えたのですがそれが大失敗でした。
私が帰ろうとすると必死の面持ちでバス停までついてくる彼に、私は知らず知らずけげんな表情でも浮かべてしまったのでしょうか、「どうしてついてくるんだろうって思ってます?気持ち悪いですか?」と言われてしまいました。そんなことは全く思っていなかったのにその瞬間、彼が気持ち悪く思えてきたのです。言葉って不思議ですね、言霊っていいますけど本当に余計なことは言わない方が良いです。
数日たって彼から電話がかかってきました。おそらく1~2回は話をしたと思いますが話していても全然つまらないし気持ち悪いしで話したくなくなり、留守電のままにしておきました。
たびたび留守電に彼からメッセージが入るようになりましたが、面倒くさいので放置していたらだんだんメッセージが頻繁になってきました。中には自分の電話番号をくどくどと繰り返すこともあり、少し病的な様相を呈してきました。今になって考えるとちゃんと話してはっきり交際を断るべきだったと思いますが当時は怖くて受話器を取れなかった思い出があります。
ある日とうとう彼は「電話くださいっ!寂しいんです!」と絶叫、なんだかおそろしくなった私は男性の知り合いにお願いして彼に電話をしてもらい「この電話番号は自分が買い取って今は俺の物だからもう連絡しないでくれ」と言ってもらいました。それ以来彼から電話はこなくなりました。
私自身を基準にして、2~3回無視されればあきらめるだろうと考えたのが間違いでした。世の中には必死に食らいついてくる人種もいるのだと勉強になりました。

童貞で出会い系を利用した結果

私は24歳の時に初めて出会い系なるものを利用しました。

私がなぜ、出会い系を利用したのかというと、当時の私は童貞でした。もちろん恋人が居たことなどあるわけもなく、ましてや異性との交流もあまりありませんでした。
20代前半であれば、出会い系を利用しようとは思わなったのですが、20代中盤にさしかかり流石の私も焦りを感じ始めたのがそもそものキッカケでありました。

がしかし、出会い系を利用するに当たってまともに女性と話しをした事が無い私は、どういった子に連絡を取れば良いのか皆目見当もつかなったのです。

なので、私が実際に活用した方法はというと、元ナンパ師が出会い系の体験談をつづっているブログを参考にして編み出しました。
プロフィール欄に恋人募集中や遊び友達募集中と書かれている女性ではなく、男友達を探しています等の割とハードルの低いことを書いている女性数人に連絡したのであります。

最初は返事が無かったのですが、ある日1人の女性から返信がきました。
メールの内容は短文で素っ気ない感じでしたが、私となんとなく似た雰囲気を醸し出していた為、私はその子にターゲットを絞り定期的に連絡をするようになったのです。

それから、数日した後、お互いの電話番号を交換することに成功しました。
番号を交換してすぐに連絡を取りました。相手の女性も男慣れしていないのか、お互いにたどたどしい様子で会話をしておりました。
それから何回も電話をするようになり、お互いの緊張も解れたのかお互いに冗談を言ったり、他愛もない会話で楽しめるようになりました。
そういった関係が2か月程続いたある日、なんと女性の方からご飯に行きたいと誘いの連絡があったのです。
正直、私はこの楽しい関係のまま進展しなくても関係が壊れるよりはましだと思っていた為、正直困惑していました。

がしかし、ここで一歩を踏み出さないとこの先はないと思い、会う決心をしたのです。

約束当日、集合場所で待っていると、1人の可愛らしい女性が近寄ってきて
「○○さんですよね。」と言われ、私は驚愕しました。
お互いの顔写真は交換していなかった為、お互いに目印になるものを身に着けていたので女性はすぐに私だと分かった様子でした。
思わぬ展開に私はしどろもどろになってしまったのですが、女性は電話越しと変わらない口調で楽しそうに話をしていました。

その日はご飯へ行き、そのまま一緒に帰宅していたのですが、帰宅途中で女性から
「私、○○さんの彼女になりたい。ダメかな?」と唐突に言われました。

それから、彼女とお付き合いすることになり、今でも彼女は私の素敵な彼女でいます。

ワクワクメールで肉食系女子に襲われてみた(笑)

ワクワクメールで若妻の肉食系女子に出会えました。サイトの中でエッチな相手を募集している女性がいたので、疑心安魏の中メッセージを送ってみました。
やりとりもかなりがっついていたので、これはだまされるかな、と思ったのですが、写メがかわいかったので会ってみたいとアポイントを取り、週末に飲みに行くことにしました。

実際に来た彼女は本当にボリューミーな彼女でした。でも…嫌いじゃない(笑)こんなのはタイプの問題ですが、とりあえず飲むことに。それがまた飲む飲むwwwジョッキで10杯くらい飲んでいましたね。
で、よくよく話を聞くと結婚しているものの夫婦の話がなく、彼氏がいたのですが、別れて半年くらいたって、とにかくセックスがご無沙汰で限界らしい。

自分がタイプだったので、即エッチしたい!とせまってきました。
僕もタイプだったので即効オッケーして、早々にホテルへ移動しました。
(といってももう10杯飲んでるんですけどねw)

ホテルに入ってから彼女からいきなり激しいキス、そのままオチンチンをしゃぶってきました。
フェラのテクニックもありそうだったのですが、とにかく興奮していすぎで激しかったです。
なので気持ち良すぎてそのまま口に出してしまいました。彼女の口の中に大量に放出してしまったので、めっちゃむせてた(笑)
で、気持ち良くなってしまったので、僕は眠たくなってしまいました。
それでも彼女はヤリたいばかりなので、おこされつつ、お風呂に一緒に入りました。
彼女のボリュームあるおっぱいをみてまた興奮し復活!お風呂にはローションが置いてあったのでそれを使いながら彼女のクリトリスを責めつつ、吹かせてあげました。
とても気持ちよかったようでそのまま入れてほしいと生でお願されました。
もうこっちも酔っぱらっていたのでいいか~と思いつつ、生で挿入。
彼女はかなり締め付けが激しかったので、気持ち良すぎてまたイッてしまいました。
そんな肉食系な女子も出会い系にはいるもんだなということがわかりました。
エッチしたいときにはやっぱり出会い系に限りますね!

PCMAXで可愛い女の子の処女を奪いました

31歳東京都出身の社会人です。
独身で彼女はいません。

PCMAXは出会い系の中でも、女の子の率が高いサイトだと思いました。
そして、可愛い女の子と出会えます。
登録してから1ヶ月以内に女の子と出会うことができ、月に2人くらいの女性と出会っています。

続いている女の子もいれば、出会ったその日に連絡が取れなくなった女の子までいろいろです。

今回私が出会った女の子は、社会人になったばかりという22歳の女の子です。
彼氏はいたことがあるのですが、セックスの経験は今までなかったという女の子。
男の体を知らないといいます。

私は処女の女の子がすごく好みで、しかも彼女はすごく可愛らしい顔立ちをしていて、私のタイプにドストライクだったのです。
こんなに可愛い彼女を自分色に染めることができるなんて、すごく興奮します。

出会ってからLINE交換までそんなに長くはありませんでした。

LINEのやり取りをしていてエッチな会話をすることができるまでになり、ここで私は彼女をお誘いしたのです。
そして、「ご飯だけなら・・・」と、OKをもらったのです。
しかし、ご飯だけで終わらせる気はありませんでした。

西麻布に彼女がすんでいるアパートがあり、近くまで迎えに行きました。

お互いに写メを交換していたので、すぐに出会えました。
それから車で新宿付近まで行き、私が女の子を口説き落とすのに最適なレストランへ向かいました。
そして、彼女にお勧めのお酒を進め、少しほろ酔いになったところで口説き落とし、ホテルをあっさりとOKしてくれたのでした。
女の子をほろ酔いにさせたら後はもうこっちのものです。

ホテルへ向かい、お互いに次の日がお休みだったので、お泊りをし、ゆっくりと彼女の処女を奪いました。
思っていた以上に彼女とのセックスは気持ちがよく、彼女も処女とは思えないほどにどんどん乱れ始めていました。
そんな彼女を見て、すごく満足しました。

セックスの経験はなかったもののオナニーは毎日のようにしているという彼女。
感じているときの表情やしぐさはすごくたまらなかったです。

彼女も、私とのセックスがすごく気持ちよかったらしく、それからも何度かお誘いのメールが来たのですが、あまりにも頻繁だったので、魅力をだんだん感じなくなってしまったのです。

あれから2,3度会って彼女とセックスをしたのですが、初めてのときの興奮を味わうことができず、彼女と少しずつ距離を離し始めたのでした。

イククルで割り切り人妻とセックスしちゃいました

私は20代も後半で東京の会社員をやっていますが、仕事での出会いってほとんどなくてストレスというか欲求がどうしても貯まってしまうんですね。

風俗も良いのですがやはり素人とエッチなことがしたい、って思い立ったので思わず入会してしまったのが出会いサイトだったんです。

 

幾つかの無料ポイント期間を使って試してみたのですが、一番出会えて合っていたのがこのイククルでした。

サイト内では結構健全な女の子からかなりエッチな女の子まで沢山の登録があって見ているだけで楽しめたんですが、やはりこういった出会い系サイトっていうのは暇をもてあました人妻が結構いるみたいで、アピールをダメ元でしてみたところ何人かと出会えたという次第でありますwww
大体の出会い系サイトの人妻は割り切りでエッチな関係というものが多くで、それはそれでさっぱりとしていてよかったのですが、その反面エッチなは相当にドロドロしたものが多かったですwww

 

この前僕が遊んだ人妻さんはLINEでのメアドをなんとかゲットして下ネタトークなんかもしっかりと答えてくれたので手応えを感じたので、それじゃあちょっと実際に合ってみないと返信したところOKをもらっちゃいましたwww

いやこれはもう期待してもいいだろうと思ったのですが、やはり人妻さんは自由になる時間帯が限られているというか、平日昼間が一番デートをするのにいい時間帯らしくて、その時も昼間に出会うことにしました。

幸い会社は変則的な休みのシフトで平日が休みの時を利用したのですが、まずは喫茶店で待ち合わせとなりました。

来てくれた人妻さんはウェーブがかった黒髪でちょっとぽっちゃりな身体付きがなんとも言えないエロさを醸し出していました。

それでまあ多分二人共確信的だったのでしょうね、30分ぐらい話をして、それでちょっと場所を変えて話をしたいな的な流れになって外を出てホテル街に行って、それでそのままラブホに入りましたwww

それからはもう部屋に入ってからは急に情熱的なキスをしてきたり、一緒にシャワーを浴びる際にも軽く手マンをしたらビショビショになっていたりと人妻のエロさを感じましたwww

もちろん責めのテクニックも凄くて爆音フェラや睾丸舐めアナル舐めまでたっぷりと感じされられて、そして最後は挿入をしちゃいました。

中は肉厚でありながら決してゆるくなく、付くたびに締まりがリズミカルにしてくるので僕と彼女は一緒に高まりながら最後はゴムの中に射精して二人してイッてしまいました。

 

やはり出会い系サイトの人妻は凄くエロいんだなという体験をしてから、益々ハマっています。